本校連絡先

埼玉県立浦和商業高等学校
〒336-0022 さいたま市南区白幡二丁目19番39号
電話 (048)861-2564 FAX (048)836-1057

 
あなたは39775人目のお客様です
いつも本校の教育にご理解・ご協力をいただきまして、ありがとうございます。
 本校メールアドレスのQRコードです。

本ホームページURLのQRコードです。
携帯端末等からのアクセスにご利用下さい。
本HPのQRコード
 



 

PDFファイルの閲覧について

このサイトでは一部PDFファイルにて情報を提供させていただいております。PDFファイルの閲覧にはADOBE READERが必要です。ADOBE READERは下のバナーよりダウンロードできます。
Get ADOBE READER
 

オンライン状況

登録ユーザー1736人
トップページ > 部活動> 女子バドミントン部 

女子バドミントン部 基本情報

部員数19名(3年5名、2年11名、1年3名)
活動日月~木、土、日
活動場所体育館
活動内容中練:基本打、ノック、ゲーム練習など  外練:外周走、筋トレなど
目標部員全員が目標をしっかりと立てて、練習に取り組む。そして県大会出場です。
実績H29年度
 関東予選 団体女子(2回戦進出)
 インターハイ予選
 ・男子個人 ダブルス(2回戦進出) シングルス(4回戦進出)
 ・女子個人 ダブルス(3回戦進出) シングルス(3回戦進出)
 さいたま市大会 女子初心者シングルス Cブロック(第1位・第3位)
 新人戦 女子個人 ダブルス(県大会決め進出) シングルス(4回戦進出)
 新人戦 団体(女子)リーグ戦 出場
H28年度
 インターハイ予選 南部支部予選 個人戦シングルス ベスト16 県大会出場
 新人戦予選 南部支部予選 個人戦ダブルス ベスト16 県大会出場
 

バドミントン部 日誌

バドミントン部 >> 記事詳細

2017/01/19

南部支部新人大会@記念総合体育館

Tweet ThisSend to Facebook | by:部活動

 こんにちは。いよいよ、新人大会を迎えました。
 冬のシーズンの練習の成果が試される大会となります。
  女子の結果報告です。

 A団体         対 栄北高校 
  D1   木村・小峰  0 - 2       
  S1     佐野    2 -  1
  D2   菅原・小澤   0 -  2
                           1-2で敗退。  
  B団体         対 川口総合高校
  D1   福地・野﨑  2 - 0       
  S1     鳥山    2 -  0
  D2   山口・郷田   2 -  0       3-0で勝利。
                             対  川口北高校
  D1   福地・郷田  0 - 2       
  S1      鳥山   2 -  1
  D2   山口・野﨑   2 -  0       2-1で勝利。
                            対  大宮北高校
  D1   鳥山・福地  2 - 1        
  S1      郷田   0 -  2
  D2   山口・野﨑   2 -  0        2-1で勝利。 
 1年生シングルス
   1回戦   松岡     2-0  大宮商業高校
   2回戦   松岡     2-0  浦和実業高校
   3回戦   松岡      0-2     川口東高校

                   (すいません。プレー中の写真を撮ることが出来ませんでした。)
  以上です。                             
 A団体は、惜しくも初戦敗退。 
  B団体は、苦しみながら、粘り強い試合をし、ブロック優勝で1位の賞状。
 シングルスは惜しくもブロックベスト8。あと1回勝てると賞状がもらえました。
   
 この結果を受けて、チームはどう変われるだろうか。
 初戦で負けてしまったA団体に出場した2年生チーム。
 冬の成果は出ていた。確実にうまくなっている。
 けど、もっと勝ちにこだわって、感情を表現してもいいのでは。
 上手い選手が勝てるとは限らない。強い選手が勝ちきれるのだと思う。
 B団体にでた1年生チーム。苦しい試合が多くあった。
 今回は全選手が集中力を切らさなかったことが勝ちにつながったのではないだろうか。
 シングルにでた松岡さんも確実に力がついてきています。
 もう一皮向けられるように、残りの冬のシーズンを頑張ってほしい。

 この大会を終え、2年生は3月のダブルス大会と関東予選しか残っていない。
 どんな形で引退ができるのか。それまで、思いっきりバドミントンと向き合えるのか。
 1年生は、その2年生の姿を受けてどんな代にしてくれるのだろうか。
 「負けに不思議な負けなし、勝ちに不思議な勝ちあり」
 今回の勝ちが不思議な勝ちでなかったということを、今後も見せてもらいたい。
 

 今後もまだまだ楽しみがある浦商バドミントン部の応援をこれからもよろしくお願いします。
19:04