新着情報

本校連絡先 (最寄り駅から案内図)

〒336-0022
FAX (048)836-1057
 
 (浦和駅・武蔵浦和駅から15分程度)
 
あなたは60149人目のお客様です
いつも本校の教育にご理解・ご協力をいただきまして、ありがとうございます。
 本校メールアドレスのQRコードです。

本ホームページURLのQRコードです。
携帯端末等からのアクセスにご利用下さい。
本HPのQRコード
 



 

PDFファイルの閲覧について

このサイトでは一部PDFファイルにて情報を提供させていただいております。PDFファイルの閲覧にはADOBE READERが必要です。ADOBE READERは下のバナーよりダウンロードできます。
Get ADOBE READER
 

オンライン状況

登録ユーザー1744人
学校沿革

昭和 2年(1927年)

実業学校例に基づく商業学校第二種(3年制)として浦和町立浦和商業学校の設置が文部省認可となる。定員150名

昭和 4年(1929年)

北足立郡六辻村大字白幡字本宿557番地に本校舎を建設移転する。

昭和 13年(1938年)

埼玉県浦和商業学校と校名変更する。

昭和 23年(1948年)

埼玉県浦和商業高等学校と校名変更する。

昭和 31年(1956年)

埼玉県に移管となり、埼玉県立浦和商業高等学校となる。

A校舎 旧体育館 旧正門
A校舎 旧体育館 旧正門
 

昭和 55年(1980年)

鉄筋造2階建体育館(体力トレーニング室、器具庫、卓球場、放送室、管理室)落成。

昭和 57年(1982年)

第5期鉄筋5階建(商業科特別教室)落成。

昭和 63年(1988年)

生徒ホール(食堂・合宿所)落成。

平成 5年(1993年)

情報処理科設置。情報処理棟落成。LL教室設置。

平成 7年(1995年)

マルチメディア室設置

平成 8年(1996年)

創立70周年記念式典を行う。

平成 15年(2003年)

情報処理棟、マルチメディア室、電子計算機室機器更新。バリアフリー校舎に改装。

平成 18年(2006年)

創立80周年記念式典を行う。


旧部室1

旧部室2

浦商遠望

旧部室棟

旧部室棟

校舎遠望

 

 

浦和商業の歴史

校章の由来

平成28年度に開校90周年を迎える本校。
昭和2年に「市立」として設立され、
校章は、浦和市のマークと、「商」を組み合わせたものを使用していたそうです。その後、昭和31年に「県立」高校に。この年かどうかは明記されていないが「戦後の平和を願って鳩を、学生の本分であるペンを使った」現在のデザインに変更され現在に至る。原案者は、本校卒業生の長谷川さんという方だそうです。

この校章の鳥が、ハトかスズメかで生徒の意見が割れたこともあったそう。なぜスズメという意見が出てきたのかというと、浦商にスズメの巣があったことが原因らしく、結果、当時はスズメという結論になったそうだ。

3年ずつの在籍、大切な青春時代が織り込まれ続ける本校の歴史
浦和商業高校の卒業生であることに誇りを持ち活躍を続ける卒業生
伝統。何とも重厚で深い響きを持つ言葉ですね。





戦後の平和を願う  「鳩」  学生の本分である 「ペン」
 

掲示板

浦和商業の歴史[根記事一覧]

一件も該当記事はありません。