本校連絡先

埼玉県立浦和商業高等学校
〒336-0022 さいたま市南区白幡二丁目19番39号
電話 (048)861-2564 FAX (048)836-1057

 
あなたは179716人目のお客様です
いつも本校の教育にご理解・ご協力をいただきまして、ありがとうございます。
 本校メールアドレスのQRコードです。

本ホームページURLのQRコードです。
携帯端末等からのアクセスにご利用下さい。
本HPのQRコード
 



 

PDFファイルの閲覧について

このサイトでは一部PDFファイルにて情報を提供させていただいております。PDFファイルの閲覧にはADOBE READERが必要です。ADOBE READERは下のバナーよりダウンロードできます。
Get ADOBE READER
 

オンライン状況

登録ユーザー63人
トップページ > 部活動> ソフトボール部 

ソフトボール部 基本情報

部員数18名(3年8名、2年5名、1年5名)
活動日月 水 金 土 日
活動場所グラウンド
活動内容アップ・キャッチボール・素振り・ロングティー・マシーン打撃・ノックなど。
週末は練習試合。
ソフトボール部は、先輩後輩とても仲が良い部活です。復活してから今年で7年が経ち、最近では強豪校とも対等に試合が出来るようになりました。
目標県ベスト8
実績2018年度 県民総合体育大会埼玉県予選 県ベスト32
2018年度 学校総合体育大会埼玉県予選 県ベスト32
2018年度 関東大会埼玉県予選 県ベスト16
2017年度 埼玉県公立高校大会Ⅲ部 優勝
2016年度 埼玉県公立高校大会Ⅲ部 優勝
     埼玉県南部地区新人大会 一次予選・二次予選出場
     秋期研修大会 Ⅲ部 優勝
2015年度 埼玉県公立高校大会Ⅲ部 優勝
 第28回 県南地区研修大会Ⅲ部トーナメント 優勝
 

ソフトボール部 日誌

ソフトボール部
12345
2019/06/13

関東高等学校ソフトボール大会 補助役員

Tweet ThisSend to Facebook | by ソフトボール

 関東高校ソフトボール大会が、6月1日(土)・2日(日)埼玉県で開催され、本校の生徒18名が大会補助役員としてお手伝いに参加しました。

 全国大会に出場するような強豪校が集まり、間近でトップレベルのプレーが見ることができると喜んでいましたが、生徒は、「そそうがあってはならない!」という緊張感からか、役員仕事に徹し、プレーをじっくり見る余裕がなかったようです。


優勝した山梨学院にあやかりたいと1枚

【校長より】
 役員の仕事、お疲れさまでした。
 「学ぶ」は「まねぶ」とも言われていますから、まずはホンモノを「まねる」ことから始めると良いと思います。
 武道などでは「守破離」と言われ、「守」は師匠の教えをしっかり守ること、「破」は師匠の教えに自分なりの工夫を加えること、「離」は自分なりの教えを作ることです。まずは、「守」をしっかり習得することです。

13:27
2018/11/02

県大会出場

Tweet ThisSend to Facebook | by ソフトボール

大会結果報告
H30.10.29
戸田道満G
県民総合体育大会埼玉県予選出場をかけ、南部地区予選が行われました。

浦和市立 11-12 浦和商業

 前日のミーティングで生徒に話した通り、点の取り合いになったゲーム。夏の一次予選でも対戦したが、相手チームのキーマンを前回は無難に抑えることができたが、今回は何本もロングヒットを打たれてしまった。中盤最大5点差まで広げられてしまったが、慌てることなく6回裏に同点に追いつき、最終回サヨナラ四球で勝つことができた。勝因は、中盤で慌てなかったこと?(慌てさせなかったこと?)かと思う。

浦和北 15-16 浦和商業

 前日のミーティングでは、1点を争う僅差で試合を運んでくれれば・・・・という話とは全く違った展開となった。初回いきなりの6失点、正直ダメかと思ったが、2回、3回と相手を0点に抑えている間に1点差まで詰め寄ることができ、「まだいけるぞ」という雰囲気が出てきた。その矢先の4回表、またもや大量4失点。1点差に詰めたのに・・・と心が折れそうになったが、シード校相手にまともに打ち合いをしてもダメだと思い、相手守備のミスを誘う攻撃を徹底した。それが功を奏したか、6回裏にこの試合で初めてリードを奪った。
 7回表、先頭バッターの打ち損じた投手ゴロを上手くさばけずノーアウトランナー1塁、嫌な入り方となった。その後2アウトランナー2塁・3塁から弱いライトゴロ、ライトが処理をミスしている間に同点に追いつかれる。7回裏に2アウト3塁まで攻めたてたが、あと1本が出ず、延長戦に突入した。
 8回表に1失点、その裏先頭がバントヒットで出塁し、ノーアウト2塁・3塁。ここで2番バッターが右中間にタイムリーを放ち、2時間半を超える死闘にピリオドを打ち、県大会出場を決めた。
 県の代表者会議ギリギリまで予選の日程を遅らせてもらったのが、入部して間もないこの2番バッターのためであったので、監督としてもたいへんうれしい一打であった。
 勝敗を分けたのは、西日がフライ・ライナーの捕球を妨げるグランドであったにもかかわらず、体を張ったプレーが出せたこと、3年生が応援に駆けつけてくれ勢いをくれたこと、そして他校の先生方にも言われた事だが、副顧問の存在の大きさではないか。

前回、県ベスト16に入れたので、今回はベスト8、そして関東公立校大会出場を目標にまた頑張っていきたい。
13:27
2018/08/03

練習試合

Tweet ThisSend to Facebook | by ソフトボール
練習試合日記

8月2日(木) 荒川総合G

【第1試合】
後攻を取った。初回先頭バッターにセーフティーバントを決められ出塁を許すも、2番バッターのショートゴロでセカンド封殺。続く3番バッターの時に、ワイルドピッチ、そして四球でピンチが続き、初回に3点取られた。自分達の攻撃では、先頭バッターが出塁し。盗塁、相手のワイルドピッチで3塁まで進んだが、点に繋げることが出来ずに終わった。その後も相手の流れが止められず失点が続いた。自分達の攻撃はなかなかチャンスを作ることが出来ず、大敗した。


【第2試合】

第2試合も後攻を取った。初回先頭バッターに四球を許してしまい、2番バッターがバントを決め、エラーがからんで初回は4失点。自分達の攻撃は、初回先頭バッターがスラップを決めて出塁。盗塁を決め、3番、4番も出塁し、2アウト満塁から5番バッターがタイムリーを放ち、1点を返した。2回、3回を0点に抑える事が出来たが、自分達も点が取れず差を縮めらなかった。後半では守備のミスが増え、失点がかさんだ。攻撃では何度かイニングの先頭バッターが出塁するも、後続が続かず点に繋げることが出来ずに終わった。



今回の試合で、自分達の課題がたくさん見つかった。次の試合では、今回の試合の反省、課題を活かしていけるように頑張っていきたい。

MI.Y
11:10
2018/07/15

中学生の皆さんへ

Tweet ThisSend to Facebook | by ソフトボール
中学生の皆さん、こんにちは!浦和商業ソフトボール部です。

私たちは少ない人数の中で、部員全員で協力して部活動に励んでいます。先輩後輩の仲もとても良く、入部したらとても楽しく、充実した学校生活を送ることが出来ると思います。夏には合宿なども行い、技術だけでなく、部員の信頼関係をより深める活動も行っています。

経験者の方はもちろん、初心者の方も大歓迎です!一緒に高校生活のいい思い出を作ってみませんか?
21:10
2018/05/22

ソフトボール部県ベスト16!

Tweet ThisSend to Facebook | by ソフトボール

関東大会埼玉県予選結果報告

5月11日(金)
熊谷市荒川緑地公園G


1回戦 vs 川越南高校  3対1 勝利
 4月29日(日)に練習試合をしたばかりの対戦相手。こういうことも十分ありうると、生徒に伝えておいた組み合わせであった。
 初回、エラーで出塁を許し、盗塁・スクイズであっけなく失点。
 0対1で迎えた4回相手の攻撃。先頭バッターの出塁を許し、盗塁され1アウト3塁のピンチ。初回と同じ攻めかな?と思い、攻撃のサインが出た後で、「エンドランかスクイズ」とキャッチャーに声をかけた。初球から仕掛けてきたが、外に外したおかげでファール。サインを読まれたと思ったのか、2球目は単純に打てのジェスチャー。ここで出した指示は「ランナーを見てファースト」。2球目、打球はショートゴロ、6→3→2のダブルプレー、明暗を分けた1プレーであった。
 その裏相手のエラーで出したランナーをおいて、4番の一振りで逆転に成功。
 5回にも1点を追加し3対1で勝利した。

2回戦 vs 本庄第一高校  0対6  敗戦
 1つ勝って、エイトシードとの対戦。初めて県大会に出場し、2つ勝つのは難しいだろうと思っていた。可能性があるとすれば、1回戦で本庄第一が和光国際に負けて対戦相手が和光国際であれば・・・もしかしたら、エイトシードを倒し、ゴールテープを切ってしまった状態になるかも・・・。そんな上手くはいかなかった。
 2回表相手の攻撃、2アウト3塁から内野ゴロをトンネル、3アウトだと思っていた外野のカバーが遅れ2失点、やらなくて済んだはずの失点だった。普段からの指導の甘さが露呈してしまったプレーであった。
 その裏の攻撃、相手と同じ2アウト3塁の形を作ったが、得点する事が出来なかった。
 4回表の相手の攻撃、バッテリーミスなどもありまたも2失点。その裏の攻撃で、2アウト2塁・3塁と得点のチャンスを作ったが、あと1本が出ず無得点に終わる。
 その後1点を追加され0対5で迎えた6回裏の攻撃、1アウト満塁までまたも攻めたてるが、三振、内野ゴロでチャンスを生かせなかった。
 ここまでチャンスをつぶして来ればやはり・・・、最後にドカーンと3番バッターに打たれ0対6で敗戦、浦和商業高校ソフトボール部初めての県大会はベスト16に終わった。








14:10
12345

ソフトボール部(過去のブログ)

ソフトボール部
12345
2015/03/31

平成26年度以前のソフトボール部

Tweet ThisSend to Facebook | by 広報部
こちらは過去の記事です。
09:08
12345

カウンタ

COUNTER1596